読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

嵐のように訪れて、嵐のように去っていくの

 

わかりあえないはずないって思っていたのにね。嵐のように訪れて、嵐のように去っていくの。きっとたくさん考えすぎてしまうのが、わたしたちの世間とずれてしまう部分なんだろうな。どうして想像できないの?って思ってしまうから。想像しつつ、あーしょうがないなーそんなもんだよねーって、ため息もがな高みの見物ができるようになることが、人としての成長か。

たまに、いいなあと思うひとがいて。彼らはとても思いやりがあって、こころがひろく、大抵のことはあらあらまあまあ、とひとまず受け入れてしまう。ずいぶんひどい人と対面しても、わたしちゃんたちみたいに顔に出たりしない。もしかしたら、お腹の中では、ひゃーとんでもなーいって思っているかもしれないけれど、その場はとっても大人対応で、まず人に嫌な思いをさせない。

世の中みんな仏になったら、この世からは憎しみなんて消えるのだろうけれど、そうしたらここが浄土になってしまうね。人はぐちゃぐちゃしてるから生きているんだっけ。でもそれも、もう少し解脱できたなら、生きやすいんじゃないのかなあ。できないから、しんどいね。

わたしちゃんは、おごっていたんだろうか。いまだって、頭の片隅ではどうして? なんで? って思ってしまうのだ。だって、大事じゃなかったの。あなたはわたしのこと、なにがあったって受け入れてくれなくちゃ、もう無理だなんて、言っちゃだめじゃん、あなただけは。全然わからない。わからないは、わかりあえない。

いつかきっと、いまを思いだして、あのときはしんどかったよねーって馬鹿笑いできるようになる。そんな日がくることを知ってる。心底しんどかったことも、忘れてしまえることを知ってる。

でも、またこうなるかもしれない不安はもう消えないかもしれない。つらい、しんどい、そういう気持ちを、ぜんぶ受けとめてもらえると思ってしまっていたから。いまは、どうしたらいいのか、全然わからない。

ただ、わたしは傷ついてしまって、自分にこんなかなしみが訪れるなんて思いもよらなかったから、いますぐ 007 の Daniel Craig がわたしちゃんたちのことを迎えにきてくれるくらいの Huge Surprise が起こらない限り、立ち直ることは不可能に近いのだ。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ   

 

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

 

 

TUGUMI (中公文庫)