読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

ゆきつく先は、自分自身の切実な好奇心だけのような気もして。

https://instagram.com/p/4Z7y7tgb0n/

Morning Glory

 

眠れないのかな、寝ないのかな。 明け方4時。

 

昨夜は、ずっと、放置していた部屋の片付けを、1ヶ月ぶりに。

引っ越してきたときのダンボールが3箱残っていたのだけれど、

それらを空けられたよ。

出したものぜんぶ、あるべき場所へ片せたわけではないのだけれど。

引っ越しを機に、断捨離をしている。

物持ちがよいから、まだ使える捨てられない症と、

気にいるとついつい揃えてしまいたくなる収集癖により、

あれやこれやお部屋にいっぱい。

ちまちましたものが多いね。

もったいないは、ときに病なのだなあ。

かなり捨ててきたと思うのだけれど、まだまだなのです。*1

正直、大事に捨ててしまえると、もう思いださなくなってしまうから、

やっぱりわたしは、長いことしまいこんでいたものたちを、

とっくのむかしにころしてしまっていたんだなあ、と思う。

いかしてあげられるものたちだけ、持つようにしたい。

ゆきつく先は、自分自身の切実な好奇心だけのような気もして。

ずっと、劣等感を抱いてきたわたしちゃんの好奇心。

お金にならない好奇心は、価値がないから。

だから、もっと別の、とっても好きで、お金になるなにか。

それを、ずっとずっと求めながら、わたしちゃんは好奇心に引きずられ、

劣等感というかたち。

しかも生き方ヘタくそだから、ただがむしゃらに努力するってことが

できなくて。 世の中には、頭のよいひとたちがたくさんいるね。

うまくないな。

 

おやすみを、言えずにせかいは明けてしまった。

 

いったい何十羽いるのか、早朝のすずめたちは、

集団になった女子高生のきゃらきゃらきゃらきゃら

賑やかしいかしましさ。

今週のお題「梅雨の風景」……これからまた、土砂降るのかな。

 

おはよう、せかい。

 

 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 

自分の感受性くらい

自分の感受性くらい

 

*1:

hattifnatt.hatenadiary.jp