読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

純愛、もしくは偏愛、かなうことのない片想い

http://instagram.com/p/yijoTngb2p/

*牡蠣のチーズ焼き(食べられない)

 

こんなことしている場合ではないの。

もうなにもかも終わってしまったというのに、いつまでわたしはあたしを傷つけるんだろう。

牡蠣のチーズ焼きは身にかぶりついてはいけないので、ケチャップ味のチーズ部分だけ箸でつまんだ。

味はもはやタバスコ味であり、ああ、これはもはや牡蠣も台無し。

ピザトーストの味がして。

牡蠣は牡蠣で食べた方が牡蠣に対して誠実だとおもった。

食べられないから、好きにすればと口ではのたまうのだけれど。

牡蠣がかわいそうだ。本気?

 

 

ボトルワインを消化しにかかっている。

線を抜いてしまうと翌日には酸化がすすんで味が落ちてしまうから、バナナをひたして甘みを補いなんちゃってサングリアを仕立てると、もういくらでもごくごく飲めるようになってしまう。

きのうそれで、ほぼほぼ残っていたボトルの赤ワインを飲みほしてしまった。

おかげで眠たく、はやく寝落ちすることができたけれど。

焼酎と日本酒がまだあって、そちらはなかなか手強い。

ワインのようにかぷかぷ飲み干せない。

かぷかぷしながら「亡き王女のためのパヴァーヌ」をひさしぶりに聞いた。

ベタな伏線。

『いちご同盟』は断捨離せずにおこうか。

わたしちゃんはしなないけれど。

 

飲みほしてしまうと、それはそれでさみしい。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 

 

パライソ ピノノワール | カリフォルニアワイン | Wine Shop 115 KITADAYA【ヴァレンタインにおいしいワイン!チョコに合うシャンパン!】

 

いちご同盟 (集英社文庫)

いちご同盟 (集英社文庫)