読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

あの頃今より何にもなかったのなんてもうセイサンでしょ

*冬 LaLaLa mental Plants

https://www.instagram.com/p/BBm4tkWAb0H/

あの頃今より 何にもなかったのなんて もうセイサンでしょ

実際のんびり 育ってみたけど 結局競争なんでしょ

片肘 張らなくったっていいの 様になっちゃえばいいの

◎ ☆ ◎ ☆

バレンタインデーの頃くりかえし聴いていたわね。*1 *2

◎ ☆ ◎ ☆

リスカピアッシングはどこが違うのかしら。

ごほうびドーナツがたべたい。

だけど、病院の予約はまだ少し先だから、コンビニドーナツを職場ランチにしてしまおうかしらとか毎晩おもうのだけれど、翌朝になるとそんな気分は失せてしまっていて、袋詰めのミックス野菜を買う。

職場デスクの引きだしにジップロックが常備してあって、それに千切りキャベツがほとんどの袋サラダをあけ、ドレッシングなしでうさぎみたいに食べる。

スープパスタとかもあわせてるよ。

できれば、あまり食べたくない。

袋サラダは咀嚼の回数が格段に増えるので、満腹になる。

あのね、3ヶ月に一度くらいの頻度で、ピンポンダッシュ、玄関のドアノブ引き(鍵がかかっているので、がしゃん、という音だけする)を、23時以降にやられるのです。

きのう、やられた。 気持ち悪い。

玄関ドアののぞき穴はマグネットでふさいである。

ここ2週間あまり、実は自転車もいたずらをされている気がして。

今朝、出かけるときにはかぶせてあった雨よけカバーが、帰り道、自宅から300mくらいはなれた歩道の柵にかぶせてあって、え、もしかして自転車盗まれちゃったのかなってよぎったのだけれど、カバーを片手にアパート下までたどりつくと、自転車はあった。

なんだかもう心配になるのが嫌で、もっていかれちゃってたカバーをかけなおすと、自転車ごとベランダにはこんだ。

ベランダ、通常の2倍くらいの広さがあるのです、ふふ。

ずっと、部屋にあげちゃおうかなっておもいながら、重たいからって理由で先送りにしてきていて、、うちの周囲、やっぱり治安悪いんじやかろうか…… それなりの住宅街ではあるのにねえ……

◎ ☆ ◎ ☆

ブログも twitter も、のぞけないし書き込めないしで、そのあいだずっと遅遅とした速度で原稿を書いていたのだけれど、このあいだの土曜日に全ボツした。

50枚も書けていなかったのだから、あんなのプロットにすぎなかったのだけれど。

最近のわたしは、〆切直前で全ボツにする常習犯ねえ…… まだ最終〆切じゃないから、きっとよけいに余裕ぶっこいている。

会社で、お昼休みの前半30分間にぱちぱちするのがいちばん書けることに気がついた。

うさぎサラダも食べなくちゃいけないから、濃密集中タイムと化すらしい。

◎ ☆ ◎ ☆

ありとあらゆるつながりを避けつづけていて、いただいたメッセージにお返事できていないものがあったり、お返事しないまま時期が過ぎてしまったものがいくつかあったり、申し込むべきものに未だ申込み手続きを済ませていなかったり、日々積み重なる一方、多方面への勝手な申し訳なさで押しつぶされそう。

現実問題、胸が痛い。

◎ ☆ ◎ ☆

職場の定期研修というものがあり、グループ企業のひとたちが各所から集まって社員さんたちとランダムにグループを形成させられてディベートみたいなことを2ヶ月連続で参加し(2回目はきのうだった)、毎度々々ひどく憂鬱になっている……

うちもことしからその定期研修に参加しなくちゃならなくなったわけなのだけれど、年4回もあるらしく…… 

これから先、何十回愛想笑いを強要しなくちゃならんのだろうな…

行きも帰りも最中も、気持ち悪いのとか人見知りが増長して他人こわすぎるとか、おしゃべりに夢中の高校生たちは若さの象徴よろしくきらびやかで、かつては自分もそうだったのだからと言いきかせるのだ。

◎ ☆ ◎ ☆

まだ深夜0時前なのに、大変、頭かっくんかっくんしてきた、もい。

寝ましょう。ねましょう。

 

花一匁、ごほうびだけ欲しいなんて、そんなわがままいちいち聞いてあげられない。

おやすみなさい、せかい。 ――災難だわ。

◎ ☆ ◎ ☆

 

今週のお題「わたしの部屋」

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

*1:

*2:

ブラインドマン

ブラインドマン