読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

だってそれって、とても気持ちが悪くて、いかにも神々しいでしょう。

*夏 mental I jealousy

https://instagram.com/p/6YfJl9gb1O/

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」

 

しばらくどん底だったのが、ようやく浮上した。

きのうだけかもしれないけれど。

ひとまず昨夜は、乗りきれてよかったね。

薬のせいで、ホルモンバランスがますますおかしい。

薬は思考回路を方向転換するものではないからなあ。

無論、思考回路は正常であろうと努めていて、身体的不調が顕著にあらわれだしたから、ちょっともうしんどくて、我慢するのやめようって意を決したのだけれど。

体調は、ずいぶん恢復した。

けれども、そのぶんうっちゃっていた脳内系統が台頭してきた気がする。

午後、仕事がまったく手につかなくなる時間がある。

ここ2週間くらい、毎日そうだった。

わたしちゃんの快方はわかりやすく、浅漬けやおひたしなど、単純な常備菜を帰宅後おもむろに調理できるか否かであるようで。

料理は得意ではないし、ひとりでハンバーグなんてつくってもうれしくない。

豚汁レベルに具だくさんのみそ汁はだいすきだけれど。

そういう、かろうじて好きなものを与えてやれるか否かが、バロメーターなのだなあ。

しかしながら、それが低迷しているとき、どう介抱してやればよいのか、皆目見当がつかない。

薬が効くとか効かないとか、よくわからないのは、やっぱり合っていないということなのかなあ。

体調はよくなっても、呆然自失という新たな枠組みは、はたして薬の副作用によるものなのか、わたしちゃん自身の新たなキャパオーバーサインなのか。

完全には治らなくったっていいと、はじめからおもっている。

なんとなく、なくしたくないのだ。

わたしは、このなくしたくない自分を、絶対的にまもってほしかった。

なんて、荷が重いか。

この頃、思考回路が1年前に逆戻りしはじめている。

ふいに、泣きそうな心持ちになって、あわててしまうね。

どうしてどうしてどうしてどうして、どうして。

あきらめてしまえよ、そう何度も言い聞かせたはずなのに。

ひとふたり、たましいふたつ、うつわにこ、相容れやしない。

ふたつがひとつには成りえない。

わたしは、ひとりになろうとしていたのかもしれない。

だってそれって、とても気持ちが悪くて、いかにも神々しいでしょう。

おそろしく、とくべつ、でしょう。

 

おやすみなさい、ときどきこのわたしを、おいてきぼりにするせかい。

 

 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

うってつけってことばは、バナナフィッシュで知ったな。

なんだか、不謹慎。

検索でひっかかっただけ、だけどひっかかったのよ。 からすうり。