読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

水棲生物

*夏 *Rain jealousy Poetry

https://instagram.com/p/6UvS2mgb4s/

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」

 

そうね、わたしの好きは絶対的すぎて

きっと、人並みではなかったんだろう

最近、わかってきた

だけど、きっと治らないんだろうなあ

だって、ずっとおなじだと思っていた

 

わたしは、絶対的に好かれていたくて

そういう、一方的な画一的な盲目的な

それがね、あたりまえだと思っていた

 

わたしは肺で呼吸をする、吸って吐く

でもほんとうは、吐いて吸うのが正解

一息ごとに生まれ変わる、それが営み

 

陸に憧れた水棲生物は、泡になったよ

求めては、いけないものを求めたから

 

おやすみ、せかいの見方はどうとでも

ここは陸のせかい、ときどき水棲世界 

 

 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

小さい水の精

小さい水の精

 

子どもの頃に、図書館でくり返し借りて読んだのだった。

あの頃は、プロイスラーがどんだけすごい児童文学作家かなんてこれっぽっちも知らなかったし、わたしちゃんはというと 小さい魔女 (新しい世界の童話シリーズ) の方がずっと気に入っていて、手元に置いてあるくらいなのだけれど、今夜は水の精の気分だったので、こちら。 あしたもお仕事。