読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

ビオトープ

*夏 maman jealousy I

https://instagram.com/p/5sj5cHAb1Q/

 


「だってあんたたち、お互いしかいないじゃない」

これはきのう、母に言われた。

 

「だけどそれって、ある意味うらやましいかも」

これは先日、友人がもらした。

 

友人の一言は、それこそ稀有なつながりなのかもしれない、という意味合いを含むものだった。

ふいにもらした一言以外は、いつまでたっても致し方ないという呆れと、わたし自身の不甲斐なさに対する、的確かつ合理的な指摘。

 

母の一言には、正直驚かされた。
なんとなく、わかっていたことなのだった。
たとえば、もとは一卵性だった受精卵がふたつの別人格を形成し、この世に生まれおちる変異現象。
ひとつだったはずなのに、離れ離れのふたつになってしまったような。
それって、俗にソウルメイトとか言うやつじゃんって思い浮かんだけれど、なんだか妙に軽々しいカタカナ音階で、恥ずかしくって言いだせなかった。

 

母は見抜いているもんなのだなあ。

そう何回も相対したことがあるわけでもないのに、呆気にとられた。

「あんたたち、お互いにお互いとしか引きあえないでしょう」
なんて。
「それが彼の、精一杯の感情表現なんじゃないの」
ああ。
そうねえ、確かに。
第一、わたしたちはいま、別人格なのだものね。

 

まあ、友人も母も、もう少し泳がせろ、などなど強気の発言もつけくわえてきて、なんともはや自分自身のこととなると、わけわからなくなるものよな。

ひとさまから告白された相談事なら、毒舌全開でぶった切るにな。

 

久しぶりに実家へ帰り、母のお着物レパートリーで着せ替えごっこをして(というほどのものでもなく、羽織っていろいろの帯をあわせてみただけなのだけれど)、なかなかなかなか、あっというまの1泊有給休暇でした。

 

おやすみ、ぱられるせかい。

 

 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

中学生のころに、友だちが貸してくれて読んだ思い出。

確か、前世ではひとりの人格であったのに、現世ではそれがふたつに別れてしまったんだね、と占われるシーンがあったような……結構好きだった。

久しぶりに読みたいな。