読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

青空夜空と西のふち低く光る星

https://instagram.com/p/5WvZeMAbwp/

#暗闇と月 

 

たぶん、2~3週間ぶりに平静をとりもどした。

きのうまで過食だった。

今夜は、

飲まなくても大丈夫なオリオンビールを空け、

凍りさしみこんにゃくにポン酢をかけて食べ、

なんとなく、

小ぶりのトマトもひとつ、胃におさめました。

 

帰り道、西の空の低い位置に、まばゆい宝石がひとつぶ落ちていて。

あれは金星かなあ、と藍色のグラデーションを仰いだら、

あれはなんて星座だろう。

 

薬指の喪失。 ぎゅっとなる心の臓。

 

どうしたら、10年前のわたしちゃんを取り戻せますか。

ただ、がむしゃらだったあの頃の、ただがむしゃらな意気込み。

あれを取り戻すことはおそらく不可能で、新たに手にいれるしかない。

自信がないのね。

最初からあきらめるのは、むかしから。

でも、自分自身まであきらめるようになったのは、いつからだっけ。

すぐ不安になる。

あふれてこぼれ落ちるのを、あわててかき集め、

それでもとりこぼしながら、なんとか物語にしていた、あの頃。

荒削りだったけれど、表面張力はいつもコップの側面を濡らしていた。

のどが渇いて仕方ない。

お水を汲みたいの。

水道水では嫌なの。

炭酸水が好きだね。

湧き水でおねがい。

 

おやすみ、ながれるみずは、せかいのじかん。

 


Unidentified Flavourful Object - Mili - YouTube

 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜