読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

ハロー うそつき ひさしぶり

https://instagram.com/p/2n9yixAb58/

#evian

 

目って、泳ぐのね。

焦点が定まらなくて。

たった一言で、混乱して、頭の中がわちゃってしまった。

でも、真夏日予報の炎天下へ、午後半休で早退することにも尻込みした。

できることを、ゆっくりでいいから、こなして、自分の仕事だし。

日が暮れるまで、職場で過ごした方が楽なんじゃないかなって。

わがままを聞いてもらえたわたしちゃんは、

窓側の席から移動しなくてもよくなったんだ。

おかげで、しんどくなったとき、こっそり隠れていられる。

別に眠たいわけじゃないのに、まぶたが閉じようとする。

頭がぼうっとする。

生あくびがとまらない、座っているときはいいのだけれど、

朝から晩まで立ちくらんでしまうから、ちょっとこわい。

両手ともかすかにふるえていて、全然、力が入らない。

間接的なアクションで、即行こんなんなってしまうんだもの。

今朝ってば、めっちゃ調子よかったのになあ。

ひさしぶりに逆戻りした。

考えない上手は、やっぱりただのフリでしかないんだなあ。

今朝はめずらしく元気だったから、

おお! と、足取りまで軽かったというのに。

薬で抑えられてきた胸痛や偏頭痛は、

あっさりハローと手をふりふり、ひさしぶりだってさ。

治し方がわからないや。

「考えない」を「忘れちゃった」にしてしまわないといけないんだろうな*1

 

職場は冷房が効いていて、窓際には冷暖房の吹き出し口があり、

わたしは朝から夕まで肌寒かった。

それでもきっと、外は暑いのだろうなと夕刻定時に席を立ち、

カーディガンをデスクの引きだしへしまうと、

タイムカード代わりのPCに社員番号を打ち込んで、退社click。

自動ドアの向こう側、ビルの外へ一歩踏みだすと、肌寒かった。

うそつき。

 

帰り道、3年ほど前に転職していってしまった職場の元先輩に

駅のホームで声をかけられた。

すっかりスイッチOFFの状態になっていたものだから、

なんとなく視線を感じながらも、ふりむかずにいた。

ならすいちゃん?

先輩は、いつもは別の路線を使っているらしいのだけれど、

今日だけ出先なのだと話した。

一方のわたしちゃんは、電車の行き先を見て、混雑を避けるために

いつもの車両より手前の列に並んでいた。

偶然って、こういうとき起こるんだなあ。

元気? みんなお変わりない。

聞かれて、ええ、みんな変わらずです、満員電車のなかで、

わたしたちはほんのつかのま、再会をよろこんだ。

先輩たちとは、かつてネパールカレーをよく食べに行っていて、

また行ける子たちだけでもぜひ行きましょう! と約束して別れた。

スパイスが足りない! だれからともなく声があがって、あの頃は

そろそろぞろぞろお腹いっぱい食べて笑っておしゃべりしていた。

近いうちにまた、ネパールカレーを食べに行けますように。

 

 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 

 

 

*1: