読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

躑躅

https://instagram.com/p/2W_6C2gb9i/

✿躑躅

 
しあわせになりたかった。
わたしのことだけ見ていて欲しかった。
だから今度は、自分に都合のいいことしか目に見えない女の子について書こうかな。
てきちょく。
わからないって突き放すのではなくて、大丈夫って抱きしめてほしかったんだ。
わかってもらえなかったけれど。
そして、理解できなかったけれど。
わたしは未だに、いつかは変わるってたどりつけなかった理想像を愛してしまっているんだろう。
おばかさん。
言われたことばを思い出して、いまさら泣きそうになって、ほんとうにばかだな。
わたしは誰より大事にしてもらえると信じ込んでいて、それはまるきり考え方が異なっていたらしくて、だからやっぱり、どう頑張ったって、わたしちゃんはこの先も大泣きしつづけたに違いないだろうし、いまこうしてひとりになっていること、それは正しいらしい結果というか、そう思わざるを得ないのだ。
きちんと受けいれられていないから、しんどくなっちゃってるみたいなんだけど。
かなしかったし、つらかったし、さびしかった。
そして、こわかった。
ためらい。
ふいのやさしさが、ひとつずつ失われていくこと。
無駄な記憶力が呼びさます予感と不安。
躊躇し、拒んでしまった。
こわかったのだ。
 
せかいはうつくしく、決して立ちどまらない。
せかいを食べたら、しんでしまうのかしら。
わたしは人魚の肉を食べる夢をみるために、今夜もつぶやくよ。
 
おやすみ、せかい。
 

 

 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 

 

ええと、ちょっと、ぐっちょん突入しちゃった模様
考える余裕ができちゃったせいかな。
思考回路を創作方向へシフトさせてくださいねー。 もにゅーん。