読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

わたしのなかの切実なもの

https://instagram.com/p/1IPy9ogb03/

*さすがにもう、学生気分とまではいかないけれど。

 

欲しいものすべてを手に入れるのは不可能なことなのかもしれないけれど、大抵のものは手に入らないような気がしてしまう。

どれかひとつを選んだら、どれかひとつは諦めねばならず、諦めるという不条理に、なぜうまくいかないのだろうと憤ったり、ふさぎこんだりする。

となりの芝生なんて、しょっちゅう覗きこんでいる。

きらきらしているお庭をお持ちの方々は、自ら門扉を開いて、どうぞどうぞご覧になっていってくださいな、わたしちゃんは尻込みして、いいえ結構です。

いまのご時世、ご近所さんでもなんでもない、うつくしい人々のテリトリーを垣間見ることなんて大いに容易く、もはや日常茶飯事。

それらは一様に完璧な表層だけをすくいあげ飾って見せているに違いないのに。

もしかしたらあの扉の向こう側では日々怒号が飛び交っているかもしれない、はたまた無言であるかもしれない。

わけわかんなくなるくらい大勢の人々、それぞれの生活がそこかしこに隠れている。

 

知ることの深さは

愛することへの道

沢村貞子

 

結婚式へ参加することができなかった。

出かけてゆくことができない、というのは甘えではないのか。

もし、わたしが何も知らないただの人であったら、わたしのような人間を罵るのではないか。

 

わたしたちはめぐまれているな。

守ってくれる人がいて、何も聞かず、話を聞いてくれる人がいて、大丈夫だよと抱きしめてくれる人がいた。

 

だいじょうぶ。

大丈夫ですよ。

 

うん、いいよ。

 

 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 

 

わたしの台所 (光文社文庫)

わたしの台所 (光文社文庫)