読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

いつか あの日の走馬燈

https://instagram.com/p/zheiQfgb9M/

 

おかしいな

なんだか夢見ているみたいなんだ

ほんとのことらしいんだけれど

ほんとのことだって

わたしちゃんも知っているんだけれど

なのに

夢見ているみたいなんだ

おかしいんだ

だって

こんなことって

わたしちゃんたちの人生に

起こりうるはずのないできごとで

わたしちゃんたちはずっと

ちいさいころからずっと

さみしくて

いつか

だれか

ただひとりきり

いいから

いつまでもそばにいてくれる

そんな

ひとを見つけられたら

いいなってずっと

おもって

いきてきて

これで

もうだいじょうぶ

もうひとりじゃない

わたしちゃんたちの不安やかなしみやさびしさは

みんなみんなこのひとが埋めてくれるって

胸は

ぽっかりあながあいてしまうと

途端に真空がきわまって

じわじわと潰れていくのを待つしかない

いったいだれが

わたしたちの心臓を

枝みたいに細く節だった指でつかんだきり

はなしてくれないんだろう

痛いっていってるのに

もう何十回も伝えているのに

どうしてやめてくれないんだろう

いなくなるくせに

いつまでも

つかんではなしてくれない

だから

これはきっと夢なんだと

わたしちゃんはおもいたくて

もしかしたら

もうしんでしまっていて

いまは

ながいながい

走馬燈をみているのかもしれない

そうなのよ、きっと

そうなのかもしれない

 

にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ 

 

ヘンゼルとグレーテル―グリム童話

ヘンゼルとグレーテル―グリム童話

  • 作者: ヤーコプ・ルートビッヒ・グリム,ビルヘルム・カール・グリム,スーザン・ジェファーズ,おおばみなこ
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 1983/04/15
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ヘンゼルとグレーテル

ヘンゼルとグレーテル