読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

だけど、帰り道には図書館があった。

http://instagram.com/p/yCKwgVgb0x/

今日の内容にドーナツはあんまり関係ない。

無理にこじつけるんだとしたら、わたしの心臓はいま、こんな具合に齧られっぱなし。

午後(もう きのう)からずっと呼吸がうまくできない。

周囲に悟られるのが嫌で、無理して平静を装っていたのがいけなかったのかもしれない。

よけいな負担をかけてしまっただろうか。

とりあえず、左胸の上あたりを内側でずっと誰かに握りしめられている。

呼吸が心臓をすり抜けて肺に渡る、けれども取り込まれずにそのまま外に出てきてしまう。

なんだか酸欠っぽいな、酸欠なのか。

一人で生きていけって言われてるんだ。

わたしが、こんなだから。

泣いたりするから。

頭の中がそうそうとする。

意識が遠のく一歩手前のあの感じ。

真夏、坂道を立ちこぎ自転車で登りきったあと、目の前がちかちか明滅して真っ白な光に打ちのめされた。

あれってこんなに長い時間もつづくんだ。

脳に血液がめぐらない。

早送りの引き潮映像みたいに、おでこの裏から後頭部へ向けて、ずっと風が吹きつけている。

外気に触れて、脳みそのしわがしびれている。

そんなはずはないのに。

今週は毎日、寄り道をして原稿を書いてから帰るルールだった。

歩くことすらしんどくて、途中途中やすみながら、やっと帰ってきた。

大丈夫かよ。

引越したら、いまより遠くなるんだよ。

歩く距離も2倍になるんだよ。

だけど、帰り道には図書館があった。

ミスドはなかったけれど、どこにでもあるよあれは、それにそんなに大好きってわけでもない、クリスピークリームよりは好きだけど。

少しずつ、痛む範囲が広がってきている。

右胸の神経にもひびいてきているのかな。

どうせ精神的なもの。

いつか忘れる。

これまでのこと、みんな。

忘れて、痛かったこともなかった。

もう好きじゃないなんて、あなたに言われてしまう日がくるなんて、想像もしなかった。