読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

lunar

ほんと、おまえはかわいいね。

朝行く月 離れてなんかやらないってあいつ言ってたっけ袖口でとけてしみて濡れたらいいのにこぼれて行方知らずだ ばか— すいすい✿さくらん (@kujiranoutauuta) 2017年1月21日 愛なんて欲望じゃんなんの、意味もない #メゾンドヒミコ— すいすい✿さくらん (@ku…

上手に塗れなかった……

♠︎上手に塗れなかった…… お出かけできなかった、、 ともだちの個展見にいくんだ、しゅ、週末٩꒰ ´ᆺ`꒱۶— すいすい✿ (@kujiranoutauuta) 2016年9月9日 別件で必ず出かけましょう案件が入っていたのよ、開催地までおなじで、これは、これは確実にのぞきにゆけ…

蝶々の熟睡

✿蝶々の熟睡 手相とか月の満ち欠けからもたらされるアストロロジーとか、 自分のことしか責任もてないからわからないのだけれど、 大概気にしていることはもれなく読みどおりになってしまい、 生き方なんていくらでも改善できると言われるけれども、 くっき…

夜空いっぱいに金色の幾何学模様

☺︎カンロ飴「甘いんあげるから、ちょっと待っとき」 夜空に金色の線が伸びていきました 衛星の軌跡かしらって 直線がいくつも、平行に伸びていく 一本が鋭角に曲がる 枝分かれしていく いくつもいくつも 金色の線が夜空いっぱいに 幾何学模様を描きました こ…

今朝ね、晴れわたった秋のお空に、クジラ雲を見たんだよ。あんなクジラらしいクジラ雲に出会うのは、いったいいつぶりか思いだせないくらいひさしぶりで、ほんと、すごくうれしかったんだ。

#Lunar #SuperMoon 今夜は愚痴だよ。 おおっぴらに話せないから、かろうじて一部にしか匿名性がほどかれていない、ここに吐きだすことにする。 職場で、不可解かつ疑心暗鬼にならざるを得ない出来事に見舞われていて。 それでも、ここ2ヶ月はなりをひそめて…

月夜と花殻

#夏の名残り #花殻 The Remains of the Summer 19年前にも、この月を見たかな。 あの頃、思い描いた将来は、こんなはずじゃなかったのにね。 思い描いた、なんてほどのものでもないか。 ただ、なんとなく、しあわせなはず。 なんとなく。 ねえ、19年後のわた…

せかいの極彩色

#夏の名残り The Remains of the Summer 連休最後の夜、4日ぶりに俗世へ降りたら、あたりがキンモクセイの香りにつつまれていて、昼間のぶり返した夏の日射しを避けてカーテンまでしめきっていたから、ひんやりと湿った気温差とともに置いてきぼり感たるや…

かぐやの憂鬱

切って、しまいそうになるから、 どっかに、あるはずのかみそりを、探さない。 いまが、夏でなければいいのに。 わたしは、目につきやすいところばかり、 なりふり構わず、咲いてしまいたくなるから。 きれいなの、するとね、頭んなかまで花が散る。 どうし…

夜空は群青色の晴天

満月の夜 #BlueMoon こんなに湿気むんむんなのに、お月さまくっきりの帰り道。 夜空は群青色の晴天。 もやに消されて、真夏の昼空の向こう、富士山は稜線も見えなかったのに。 今夜は once in a blue moon だって。 わたしちゃんてね、晴れ間女なのよ。 お惣…

青空夜空と西のふち低く光る星

#暗闇と月 たぶん、2~3週間ぶりに平静をとりもどした。 きのうまで過食だった。 今夜は、 飲まなくても大丈夫なオリオンビールを空け、 凍りさしみこんにゃくにポン酢をかけて食べ、 なんとなく、 小ぶりのトマトもひとつ、胃におさめました。 帰り道、西…

めぐるたび思いだす季節

めぐるたび思いだす季節。 忘れてしまう。 1か月前の満月を、とても低い位置で見たこと。 目の錯覚で、これまでに見たことがないくらい巨大な満月だった。 夕闇の少し手前、夕焼けの終わり、薄紫から群青へ向かうグラデーションの空色を、満月が明るく照ら…

爪切りのぱちんと弾けたベランダで行方知れずの眉月は空

HONEY & LANOLIN 本日もおやつの時刻90度手前で、もう帰りたい勢いのぐでたまだるーんに見舞われてしまったのだけれど、きのうにならってコーヒー淹れてみたら、やうやう持ち直した。 ちょうど、お仕事しながらのおしゃべりに花が咲いたのもよかった気がす…

花曇り❀

*花曇り❀ みなそこに魚の哀傷、われに涙のいちじるく、きみはきみとて、ましろき乳房をぬらさむとする。この日ごろつかふことなく、ひさしくわれら靈智にひたる、すでに長き祈祷ををへ、いまみれば月も皆既なり、魚の性はせんちめんたる、みよ、うみはみどり…