読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

Poetry

廻れ廻れ

ドーナツの穴からのぞく日長くなり/楢﨑古都✿#haiku #俳句#日永 #日長#micropoetry#ごほうびドーナツ #misdo#京都辻利 #抹茶 pic.twitter.com/n1AYaTlrSf— ✿すいすい✿ (@kujiranoutauuta) 2017年4月19日 ひさびさ ✾ 廻れ廻れ、ワルプルギスの夜な姫/楢﨑古…

わたしの気持ち ほんとうに喋りたいこと。

✿啄木忌だったので、またひとつ歳をとりまして✿ 今週のお題「自己紹介」 年始、ことしは前向きな発言を心がけよう!と気持ち新たにしたつもりが、 年度終わりあたりから体調が逆行しはじめちゃって、びっくりしちゃって、 ダークネスまっしぐらんなっちって…

ずっと微熱みたいに纏わりついて

✿合評会行けたから、ごほうびワッフル✿ これは微熱のあたたかさ。 ……からだが鉛のように重たい、なんてベタな表現を使うにふさわしいほどにからだが動かない……— すいすい✿ (@kujiranoutauuta) 2016年9月24日 だけど、ちゃんと都心へ出向き、 合評会がとても…

拒絶と傲慢と、

ひばりの朝 拒絶。 それはもういくつもの いくつもの拒絶について とめどないものたち 吐き気がする しんじゃうのはこわい? どんなにくるしくても 生きていたいんですって ねえ、それってほんとうに ほんとうにほんとうに「くるしい」を想像した? もしほん…

魔法使いになりたくて

✿魔法使いになりたくて。 現代における魔法使い、 気象予報士、天文学者、宇宙飛行士、吟遊詩人、赤ん坊。 魔法使いの弟子になれないのなら、 吟遊詩人となってアッシジへ行きたかった10代の終わり。 ひとはそれを厨ニ病と呼ぶわね。 引きずったまま大人に…

夏でも黒タイツ

鏡を覗いた、そこにいるのはわたしなのに ねえ、あなただれ、そう思うんだ 染めることをやめた黒髪 履けるようになった低めのヒール ひきはじめた口紅 少し痩せた指にはめる金色銀色 爪先の紫 指先の白桃色とラメ あのね、あの子の薬指はとてもきれい すごく…

追いつけなかった、追いつこうと努力することもできなかった。わたしはわたしの速度で日々を送ることだけで精一杯だった。ねえ、わたしちゃん。あなたはもっと、ふつうの子でよかったよ。

✿ 願かけ、かなわなかったみたい。 結局さあ、 わたしはわたしがかわいそうで うつになっちゃったんだなあ。 あなたがわたしを好いてくれる速度に 合わせられたらよかったのに。 わたしはわたしに精一杯で、 あなたと上手に 日々を重ねることができなかった…

感性よりもさらに深い、人間としての中身をのぞかれてしまっているあの子たちとは13日の金曜日に会う約束。

✿鉄板餃子 唐揚げ鶏南蛮 九州熱中屋 今月の13日は金曜日だったから、13金会の日だった。 そのときの餃子と唐揚げ鳥南蛮がおいしかったので。 13金会については、またいつか。 テンションがおかしい。気持ちと気持ちがつながっていない。 #百人一首の日 なん…

どうすればよかったかなんて全然わからないし、どうしたらありきたりのしあわせを、きみとわたしが手にいれられたのかも全然わかんない。

✿ しまった、見るべきではないものを見てしまった。— すいすい✿ (@kujiranoutauuta) 2016年5月24日 中途半端なちょっかいだされつづけてフェードアウトされるのって、ほんとしんどい……— すいすい✿ (@kujiranoutauuta) 2016年5月24日 ちゃんと泣けんじゃん、…

あけましておめでとう🎍

お題「初夢」 手 去 去 毬 る 年 唄 も の の 夢 追 わ じ (こぞのゆめ さるものおわじ てまりうた) 来 め 初 た く 暦 る れ ら る む せ か い (はつごよみ めくれるせかい きたるらむ) ことしもおやすみなさい。

#ThisMorning

#今朝の空 #ThisMorning 最寄り駅のホームは屋根が途中までしかなくて、 冬の遅い太陽は低い位置からまぶしさで視界を遮る。 朝、わたしは遠くへ出かけていくのではなく、 いつもの電車を待ち、いつもの車両、いつもの車窓、いつもの乗り換え、 そうして、い…

届け、

届け、 スイッチが切れる。 せかいのグラデーション、目の前のまっくら。 ふるえる、ふいに、そういえば朝から我慢してた。 でも、たぶん大丈夫。 もどってきてる。 もどってきてるから、だいじょうぶ。 だいじょうぶ。 気にしなくていい、つねに前向きない…

月夜と花殻

#夏の名残り #花殻 The Remains of the Summer 19年前にも、この月を見たかな。 あの頃、思い描いた将来は、こんなはずじゃなかったのにね。 思い描いた、なんてほどのものでもないか。 ただ、なんとなく、しあわせなはず。 なんとなく。 ねえ、19年後のわた…

水棲生物

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」 そうね、わたしの好きは絶対的すぎて きっと、人並みではなかったんだろう 最近、わかってきた だけど、きっと治らないんだろうなあ だって、ずっとおなじだと思っていた わたしは、絶対的に好か…

排他的境界宇宙

雨降り、ひさしぶりだったねえ。 早朝、白んでゆくせかいが好きで。 日の出前の薄闇にしめった土の匂い、やがてぽつりぽつりとやってきて、 雨足はじょじょにつよくなっていった。 降りしきるなかを、大きめのかさをさして歩いていく。 あたりはすっかり濡れ…

いつか、このかなしみが

よせる波はひき ひけた波はよる 潮の満ち引きは終わりなく それはわたしたちのかなしみに いつか、などないのだと 月は海面を照らし 真昼間、白く昇る 先生はいたって淡々と この満ち引きにも、やがて 秩序がもたらされると語った わたしは怖れる その秩序は…

花曇り❀

*花曇り❀ みなそこに魚の哀傷、われに涙のいちじるく、きみはきみとて、ましろき乳房をぬらさむとする。この日ごろつかふことなく、ひさしくわれら靈智にひたる、すでに長き祈祷ををへ、いまみれば月も皆既なり、魚の性はせんちめんたる、みよ、うみはみどり…

わたしちゃんたちのターンは、ずっとさみしいの。

わたしちゃんたちのターンは ずっとさみしいの どうして、わたしは傷ついたのかな どうして、わたしはさびしいのかな どうして、わたしはつらいのかな どうして、わたしはかなしいのかな 考えたって答えは出ないんだ ただひたすら時間をかけて 忘れてしまう…

小さなスイッチがひとつずつ

* すみれ スイッチみたいなもの 小さなスイッチがたくさんあって それが ぜんぶONにならないように 止めてるの きみは言うんだ ぜんぶONにしちゃいましょうって だって 遠くに行っちゃうじゃない 遠くに行っちゃうって知ったから きっといま わたしたちこう…

かいじゅうたちのいるところ

ムーさん 志麻ちゃん、おもったの。 わたしたち、きっと、ありきたりのしあわせ以上に、やりたいことが多すぎて、でもそれを澄まし顔でこなせてしまえる人種もいて、ああどうしてわたしにはできないんだろう、きっと頑張りが足りないからだ、がんばらなきゃ…

いつか あの日の走馬燈

おかしいな なんだか夢見ているみたいなんだ ほんとのことらしいんだけれど ほんとのことだって わたしちゃんも知っているんだけれど なのに 夢見ているみたいなんだ おかしいんだ だって こんなことって わたしちゃんたちの人生に 起こりうるはずのないでき…

はちみつとシャンパン

きのうも きょうも なにもできないで ずっと泣いていた シャンパンは甘くなくて はちみつをたくさん たらした コップの底に しずんで 底なし沼は蜜の味 【正規品】【箱付き】 モエ エ シャンドン ブリュット アンペリアル≪お一人様2本限り≫Moet & Chandon B…

なにもできなくて なにもしないをしているの

なにもできなくて たいせつにとってあった にほんしゅを 吞んでいます かなしみや さみしさを うめてくれると ききました わたしのことを むすめかまごのように おもってくれた おじいちゃんって こっそりよんでいた ひとからの おくりものでした くちにふく…

遠く、サイレンは

音楽をつねにそばにおいておくといいですよ。 きょねんのいまごろも大雪が降ったんだよな。 * 立春の夜ははからずも満月、 好きなもの、好きだった日、 くるしいが混じる、まだ冬。 遠くのサイレン 拒絶 諦め かなしかった思いで うれしかった思いで 天秤に…

のまれる。

のまれる。 川を見にいった。 あれはこわいものだ。 二級河川か小川のような用水路しか見てこなかった。 あれはわたしを、わたしたちをあっというまにのみこんでしまう。 それがあぶないことなのか、身を任せてかまわないものなのか、わからない。 あんなに…