読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

Lovers

壁に叩きつけた蛙が、その衝撃でイケメン王子に変身したなら、、

わたしが拗らせていた(いる)ものはこれだったのか……・・・『好きな人から好意を向けられると気持ち悪くなる』蛙化現象の話 https://t.co/HxFIVUfqfG— すいすい✿さくらん (@kujiranoutauuta) January 10, 2017 共感性羞恥ではないんだよなあ羞恥に限らず羞…

あなたの分際でなによ、バカ

先週の文学フリマで味をしめたわたしちゃんです。 土曜日、そそくさと洗濯をすませ、みずから身支度をととのえて、 呼ばれるように地下鉄を乗り継ぎ、はじめての町へ出かけてきた。 いい天気だった。 文学フリマのあと、ふらーっと実家へ帰り、母と話したこ…

波の随に浮かんで沈んだ

キリン ジョニーウォーカー レッドラベル 700ml いま、仕上げにかかっている物語の、 少しだけ答えが見えたような、そう思いたいような。 amazarashiさん、というか秋田さん、ひろむさん。 知らずに聞いていたみたいで。 少しだけ、好きになったよ。 美嘉ち…

Flowerwall

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」 男のひとが、こわいのです。ほんとうは、むかしからずっと。— すいすい✿ (@kujiranoutauuta) August 27, 2016 友人、知人に限らず、かつて恋人だった彼らも。— すいすい✿ (@kujiranoutauuta) Augu…

70リットルに詰めるコトノハの庭

掃除が難儀や おやすみ、せかい。 おやすみ、せかい。 おやすみ、せかい。 おやすみ、せかい。 ずいぶん きみを 知りすぎたのに 初めて争った夜のように―――― 小説 言の葉の庭 (角川文庫) 作者: 新海誠 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー 発売…

ケモノ

キリッ✨ 共感はしていない。 あらゆる出来事に諦観の念を抱いてしまった後、 女はこういう態度に出るんだよな…… 身に覚えがありすぎて、主人公に腹立つ始末。 *1 ……そんな男のどこがいいんだ、ヨリさん。 おやすみ、 なさい、 せかい。 『姉の結婚』西炯子 ……

結局、欲しくなってしまったので、

恋なので仕方ありませんでした 2巻まではおもしろかったんだけどなー〻〻 事件や事故がなくっちゃ、一緒にはなれんの……て、 なんだ、いつものないものねだりかよ、大人げない〻〻 ただーいま。いま戻ったで。 『娚の一生』 西炯子 ◇ 伝えたい思いも、こと…

どうせ枯れてしまうのだろうと思っていたのにさ、

✿雨どいニョキ! 枯れちゃうんだろうなと思っていたんだよ。 おなじものが見えて感じる人に束縛されたい。— すいすい✿ (@kujiranoutauuta) August 6, 2016 ❀ ようやく意識覚醒したと思ったら、週末がもう終わるよ…… この二日間、わたしは何をしていたのだろ…

もにゅもにゅ シュガーポンデ

ごほうびドーナツ シュガーポンデリングもにゅもにゅしたもにゅ。 妻夫木夫妻の話題で、木曜日は職場きゃっきゃがおさまらなかったよ☺ なななんなの、この幸せハッピーあふれるツーショット、爽やかすぎ〻〻 さらなる追い討ちは、妻夫木君のかわいすぎるJC…

夏でも黒タイツ

鏡を覗いた、そこにいるのはわたしなのに ねえ、あなただれ、そう思うんだ 染めることをやめた黒髪 履けるようになった低めのヒール ひきはじめた口紅 少し痩せた指にはめる金色銀色 爪先の紫 指先の白桃色とラメ あのね、あの子の薬指はとてもきれい すごく…

束の間の蝶番

時空の鍵 ちびうさ セーラームーン お題「愛用しているもの」 あたしの人生分けてあげてもいいから ゆんの人生はぜんぶあたしにちょうだい。 眞邑子はかわいい。だけど、自分のなまえが嫌い。 古くさいからだって。わたしちゃんのなまえは わたしちゃんには…

生まれ変われたら、わたし、南極の海を泳ぐ くじら🐳 になるわ。

❀ずっとずっとずっとずっと欲しかったくじらのしっぽ♪(o⁰⊖⁰o) ❀ようやっと、お気に入りが見つかりましてのことよ。 タヒチでもこっそり探していたのだけれど、見つからず。 ハワイアンジュエリーって、巷にあふれかえっていてなんかちょっと…… という先入観…

やさしい君の嘘

#Canele あほなことしてるかな。 きっとまた、かなしい気持ちをおぼえるだろう。 ほんの少しの嘘をつみかさねて、やさしさを手にいれるの。 すべてをうけとめてはいけない。 どうせ、わたしはわたしのまま、きみはきみのままだ。 おやすみ、やがてやさしい嘘…

いとしの旦那ちゃん

#西光亭 #SEIKOTEI いとしの西光亭。 辞めちゃうなんて、まさかおもってもみなかった先輩が、先週の金曜日に女の子たちだけにプレゼントしてくれた。正直、未だに実感がわかない。ちょっくら、これまで全然とっていなかった有給休暇をとっているだけでしょう…

彼女の覚悟、わたしたちの覚悟

彼女の覚悟 #ハチミツとクローバー 森田ではなく、修ちゃんを選んだはぐちゃんの選択について、近頃たびたび思い出す。 「修ちゃんの人生を 私にください」 はぐちゃんと森田が惹かれあったのは至極当然の流で、彼らは彼らにしかわかりえない才能の高みにお…

いま琥珀の杯に凝つて玉のやうだ

いま琥珀の杯に凝つて玉のやうだ 梅酒 死んだ智恵子が造つておいた瓶の梅酒は十年の重みにどんより澱んで光を葆み、いま琥珀の杯に凝つて玉のやうだ。ひとりで早春の夜ふけの寒いとき、これをあがつてくださいと、おのれの死後に遺していつた人を思ふ。おの…

知らぬことばかり。

ふさふさと忘れな草 知らぬことばかり。 いまのわたしの状況は、大大大失恋みたいなものでしょう。 信じきっていたひとと、望んでいたような話し合いの時間をもつことができず、しかしあちらは隙間時間の喧嘩のような話し合いで充分話し合ったことになってお…

自分勝手に自分自身を分析してみたところで、

自分勝手に自分自身を分析してみたところで、それはまるで的を射ていない偏ったものでしかないのかもしれないけれど。 かつて、未遂を起こして失明するのかもしれないとおもった十代のあのときの心境と、 気持ちではなんとか前を向こうとしているのに、身体…

わたしのなかの切実なもの

*さすがにもう、学生気分とまではいかないけれど。 欲しいものすべてを手に入れるのは不可能なことなのかもしれないけれど、大抵のものは手に入らないような気がしてしまう。 どれかひとつを選んだら、どれかひとつは諦めねばならず、諦めるという不条理に、…

咲く

❀Bloom❀❀❀ 好きです。大好きです。 好きだったよ。大好きだった。 また、愛しいとおもえるかもしれない。 もう、愛しいとおもえなかった。 セックスで、感情を図るなんて、そんなことが可能なのね。 ああ、でもそんなわたしちゃんも、似たようなものかな。 …

きらめき、かなしみはつづかない。

まじめなのね。 わたしちゃんは心からの敬意を込めて、そういうところ好きよ、くちづけながら伝えた。 敬語で話していて、思わず一言、タメ口を発してしまったときの、はっとした表情とか(すごくかわいかった)。 仕事の話を聞いたとき、それまでの敬語会話…