かなしくなったら、魚の気持ち

生まれ変わったら一頭のくじらになりたくて できれば水素原子くらいちいさくなりたくて かなうなら素数のひとつに仲間入りしたくて ひとだからさきおとといのことを後悔します おやすみはにー♭ 【Yoga Alliance US Teacher Training 200 修了(First class)】

わたしちゃんよ、続報を待て――

f:id:Sakananokimochi:20190523223304j:plain

 

ただいま。おかえり。

 

仕事を、というか、いまの会社を
辞めようかな……って、本格的に。

 

わたしはむかしから、
ひとつめは失敗して
ふたつめでうまくいく

 

そんな星まわりのもと
生きている
そんなふうにおもって
数々のかなしいや後悔や失敗を
ぜんぶ、一回目だったから
だからうまくいかなかった

そうおもってきた

 

心底焦がれた恋人と
婚姻関係で結ばれて
恋人としては完璧な二人であったのに
夫婦としては致命的にありとあらゆる
なにもかもが噛みあわなかった

 

わたしのなかのわたしちゃん
彼女は、
その現実に向き合えなかった

 

ありふれた鬱だった
立ち直るのに4年かかった
たぶん、
淡い期待もあったのだろう
だって、ほんとうに
ほんとうに大好きだったの
だもの

 

仕事を休んで、
じぶんに
お金がかけられるようになった

 

通信教育でカウンセラーの資格をとったし、
(まだまだ次の段階を目指さなくちゃならない段階だけれど)
復職と同時に、働きながら、
この5ヶ月がむしゃらに、
さらに2つ資格をとった。

 

職場で、それらを生かせるかなって
生かせたら意味があるし
休職させてもらった恩返しができるなあって
そんなふうにおもっていたのだけれど

残念ながら、そこまでの器は
弊社にはまだなかったみたい

 

母体は大きいから、そこは意識改革みたいな
そういうの
わたしという問題児が生じたことで
進化してるかなとか
期待しちゃってたんだろう

 

実は、いまふたたび
休職しちゃうかもしれない瀬戸際で……

 

そんなに会社へ行きたくないなら
ちゃんと、
まいにち好きなものに囲まれて
日々の生活を成りたたせた方が
ずっとずっと
わたしのなかのわたしちゃんは
しあわせなんじゃないのって

 

いまの職場もふたつめだった

 

でも、わたしちゃんはいつも

 

ちゃんと、じぶんで決めて
ちゃんと、ただしいとおもえる結果を手に入れてきた

 

そういうことなのだ

 

でも、まだ不安だから
すぐに「辞めます」とは
いいだせないのだけれど……

 

けれど、ずっと つながってきた友人たちと
一切の連絡を絶って
ひたすらひとりで
ひとりきりで、
まったくあたらしいコミュニティも手に入れた

 

わたしならだいじょうぶ
わたしちゃんならだいじょうぶ

 

そんな、
信じちゃっていい万能感と多幸感

 

そうタイピングしようとして
煩悩感、と変換させてしまう
そんなわたしちゃんのことが
わたしはとても好きでもある〻〻

 

少し逸れた

 

たぶん、わたしはうまくいく

数年後また、おもいもよらぬ
なにがしかによってわたしは
落ち込むかもしれない

 

でもそれは、
そのときのわたしがなんとかする
絶対なんとかする

 

いままでだって、
なんだかんだあっても
ちゃんとうまくやって
なんだかんだ
まあまあ元気

 

だから、大丈夫。

 

わたしは、だいじょうぶ。

 

そういう、自身の可能性について
自意識や自己肯定や自己重要感について
わたしは、自己として向き合えるようになった

 

まあ、なんていうか、

 

わたしちゃんよ、続報を待て――

 

 

おやすみ、せかい。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ  

 

【kindle ことことこっとん】 

自分の感受性くらい

自分の感受性くらい

 

 

幸せになってほしいと願われたけれど、

https://www.instagram.com/p/Bl8S6LzHX61/

 

いまでも、ときどき考える。

 

おやすみ、せかい。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ   

【kindle ことことこっとん】

 

お題「恋バナ」

僕の隣で勝手に幸せになってください

僕の隣で勝手に幸せになってください

 

淡い恋心のようなもの、壁の向こうの世界

https://www.instagram.com/p/Bl7YKRNHwkU/

*「みつあみの神様」今日マチ子

何もない海辺の町と遠くに見える発電所

あの日以降の”ある”世界のはなしだった

たくさんの付喪神たちとひとりの女の子

淡い恋心のようなもの壁の向こうの世界

空っぽのからだにじわじわと沁みていく

不安をまとった期待さよなら僕はいくね

 

いまでも、ときどき考える。

このブログをはじめる少し前、夏の終わり、秋の終わり、冬のはじまり。

あの頃のわたしのせかいには、わたしと彼、ふたりきりしかいなかった。

あの感覚、あれは有り体に言ってしまえば依存の一言で片付いてしまう。

ふたりきりのせかいで、ひとりきりになってしまった極限状態のなかで

わたしは、どうやってこの広いせかいとふたたび繋がればよかったのか。

愛されたいとか、そばにいて欲しいとか、なんだかもう、あの一年間で

一生分の感情を使い切ってしまった気がする。

 

さよならまたね、おやすみ、せかい。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ   

【kindle ことことこっとん】

 

今週のお題「わたしのインターネット歴」

みつあみの神様 (愛蔵版コミックス)

みつあみの神様 (愛蔵版コミックス)

 

【入選✿】第4回「商家に伝わるひな人形めぐり俳句大賞」H29俳句入選

f:id:Sakananokimochi:20180505203259j:plain

 

 ✿入選しました✿

「雛飾るたなごころからたなごころ」 楢﨑古都(ならざき・こと)

 

■ 短歌のこと

きょねんの夏、短歌というたった三十一文字の歌のせかいにふれた。*1

小説のように連続してゆくものがたりのなか、登場人物たちの機微を

味わうそれとは異なり、短歌には  小説描写を超越した情景、心情を

表現しうる 宇宙的自由さ を感じた。

 

わたしも、日常的に詠んでみたいなあ・・・とおもはゆる反面、

敵わないなあ・・・とも、すぐにおもってしまった。

 

幸運なことに、わたしの周囲には本格的に短歌を詠んでいる方々が

多数いらっしゃり、彼らの歌集や入選連句などを読ませてもらうにつれ、

短歌という媒体は羊水よろしくひたっていたいものに変わっていった。

 

子どものころ大好きだった、ものがたりのせかいの切れ端みたいな。

短歌は、歌の数だけ、無数の切れ端が泳いでいる感じ。

なんだろな、ちょっと「こいのぼり」っぽい気もする。

(上手なひとたちは、この掴みがたい気持ちをうまく歌ってくれるん

 だが、わたしちゃんにはできない・・・〻〻 )

 

■ 俳句のこと

未だ、うろうろと小説を書き連ねつつ、年賀状には毎年こっそり

新年の一首を寄せてきたじぶんがいたりもして。

 

短歌はものがたりだなあ、とおもうのです。

三十一文字(みそひともじ)のものがたり。

 

一方、十七音の俳句せかいはものがたりじゃない。

 

「俳句は写実」と表現されるのをたびたび聞くけれど、

実際のところ、じぶんには そこんところは あまりよくわかっていない。

 

ただ、わたしは  俳句という削ぎ落されまくった六等星の輝き に、

これ以上ないうつくしさをみてしまった。

 

 じゃんけんで負けて蛍に生まれたの 池田澄子 

まだまだ下手くそだし、あたりまえのルールや旧かなづかいも

間違えまくる念さだけれど、俳人(たまに廃人)って名乗っても

いいくらいには、もっともっともっと俳句を詠んでみよう。

 

ようやく、わたしちゃんのしっくりくる立ち位置、定位置かな・・・

それっぽい居場所が見つけられたかもしれない。

 

またね、せかい。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ   

【kindle ことことこっとん】

 

ナイトフライト (現代歌人シリーズ19)

ナイトフライト (現代歌人シリーズ19)

 
モーヴ色のあめふる (現代歌人シリーズ)

モーヴ色のあめふる (現代歌人シリーズ)

 

*1:

【B-39】文学フリマ東京☺2018春夏号「星屑と人魚と夢二」

f:id:Sakananokimochi:20180505193737j:plain

今週のお題ゴールデンウィーク@ 5月6日(日) 流通センター

 

 あ・し・た・!!!!

――なので、いちおう告知を。

名物ターリー屋さん、目の前の素敵ブロックいちばん右側【B-39】

✿女の子による女の子のための純文学創作サークル「星屑と人魚」

今回も はいからさん がお店番でお待ちしております .★.。O。゚♪゚

f:id:Sakananokimochi:20180505194457j:plain 

前回好評だった、

「2017秋冬号・仔うさぎと人魚(豆本)」(¥700)

在庫残りわずかです! ひとつひとつ異なるデザイン(でこぼこ!?)

めちゃかわ装丁だけでも見に来てください .★.。O。゚♪゚(*´ω`*)

 

それからそれから、

「2018春夏号・星屑と人魚と夢二(豆本)」(¥600)

畏れ多くも、乙女の憧れ・竹久夢二さんの童話とコラボです✿

もちろん、装丁は1冊ずつ異なります 。*☆*

(夢二さんはシンプル装丁☺)

f:id:Sakananokimochi:20180505195629j:plain

 

立ち読み大歓迎!!!!

既刊本とのおまとめ買いは【2冊:¥1000】!!!!

(※豆本を含む場合は【2冊:¥1100】です_(._.)_)

 

またあした、またあした。

おやすみ、せかい。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ   

【kindle ことことこっとん】

童話集 春 (小学館文庫―新撰クラシックス)

童話集 春 (小学館文庫―新撰クラシックス)

 
竹久夢二童話集

竹久夢二童話集

 

 

「土曜日っぽいひと」の神様視点、ときどき諦観じみてさえいる俯瞰の眼について。

(渋谷MODI、いつのまにできた……)

✿すいすい✿ on Twitter: "(お写真掲載OKいただきました☺︎)

大学の講義をまるっと90分受けさせてもらったような、

めっちゃ濃密な時間だった……懐かしい高揚感。

サインしていただいた2冊の本はもはや唯一無二の宝物すぎるので

写真なんて撮りませんし、誰にも触らせません。

わたしちゃんだけのものです!!!!←落ちつけ"

 

対談相手の高原英理さんも、とっても可愛い方だった。

はやく文庫版「ゴシックハート」が欲しい。マドマギ装丁!

 

実は、当の当日まで、表紙すらめくれずにトークショーへ臨んだ。*1

 

なんかね、伊波さんの人柄に改めて触れてから、じぶんのなかに

「ナイトフライト」用の、空っぽのうつわをつくりたかったんだ。

 

あのね、わたしは夜更けの押し花の歌が好き。

 

おはよー、せかい。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ   ブックオフオンライン

 

【kindle ことことこっとん】  

 
「冬の星図」で 第59回角川短歌賞を受賞された

 伊波真人さんの、待ちに待った第一歌集☆彡

ジャケ買い、帯買い、タイトル買い、どっからでもイチオシなので、

事なことなのでもう一回言っときますが、イチオシなので!!!!

ちょこっとでも気になったら、本格的な春が訪れる前に、ぜひ☆彡

ナイトフライト (現代歌人シリーズ19)

ナイトフライト (現代歌人シリーズ19)

 

今週のお題「表彰状」


⇩ちなみに、トークショー前日はこんなんだった(笑)

*1:

どこまでも透明に近づいてから流氷の海へは沈みたい。

f:id:Sakananokimochi:20180206193836j:plain

*🐤🍰 Fairy cake Fair✿ A Fairytale in cupcakes ♥ 

 

薬の副作用だといいなあとぼんやり思いつつ、

ここ2週間、ずーっと体調が芳しくない。かなしい。

 

ちゃんと図書館行ってきたよ。

取り置き今日までだったん。

不機嫌な姫とブルックナー団

不機嫌な姫とブルックナー団

 

西日差し込むお子さまスペースで、ざくっとさっそく読んできた。

(というか、読めた。)――はじめましての著者さん。

「完全な楽譜は、後世の聴衆のためにある」

読むべくして読まされた本だった。もうぽちりました。(←早)

 

けだるんながらも、なんとか手に入れることのできた歌集は、

未だ1頁どころか表紙すらめくれずにいるというのに……

なんかね、向き合うだけの余力が足りないのね……

(HPが足りない!)

わたしというたたずまいが、冬の夜空みたいに

どこまでも透明に近づいてから流氷の海へは沈みたい。

(流氷の海とは限らないのだけれど……サマーバカンスかもしれないし)

 

以下、ひさしぶりのぐっちょん。

 *1

 

おやすみ、せかい。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ   

【kindle ことことこっとん】

 

今週のお題「ゲン担ぎ」 ⇩こっちも借りてきた。

ゴシックハート

ゴシックハート

 

 

*1: